aws elbには監視機能とともに多くの特徴があります

パソコン13

awsにはaws elbというサービスがあります。運用するとサーバーの負荷が小さくなるということから導入している企業や個人は非常に多いです。この記事では、aws elbのサービスについて、幅広く紹介していきます。

ビジネスで使ってみようかと思っている人や、そこまで思っていなくても興味があるというだけの人でも、ぜひ参考にしてみてください。


aws elbとはそもそも何か?

aws elbとはそもそもaws elastic load balancingの略称で、awsが提供しているロードバランサーのことです。このロードバランサーというのは、簡単にいえばコンピューター上の負荷を分散させる機能を持っているものです。

より厳密に言うと、仮想サーバーなどの複数のサーバーにアクセストラフィックを分散させて、耐障害性を向上させてサーバーダウンを防ぎます。それによってコンピューターを安定稼動させるというものです。しかも、アプリケーションへのリクエストの流れを止めることがないので、処理速度が落ちずに快適な環境の中でコンピューターを使うことが可能です。

aws elbの3つの機能とは?

aws elbはロードバランサーとして3つの機能を持っています。1つはCLBと言われるもので、最も基本的な機能です。L4レイヤーを使ってAmazon EC2のインスタンスの負荷を分散させることができます。

もう1つはALBで、最も高機能です。これはL7レイヤーを使用してHTTPおよびHTTPSトラフィックの負荷を分散させます。3つ目はNLBです。これはネットワーク関係の負荷を分散させます。大量のリクエスト処理が可能です。

突発的にトラフィックが生じたり、突然トラフィックが変化したりする環境の中で最もその力を発揮してくれる機能です。ただし、NLBはS3バケットに出力は可能なのですが、アクセスログの出力には対応していないです。

また、設定方法によってはソースIPアドレスが変わることもあります。aws elbはこの3つの機能を駆使して、さまざまな負荷を分散させていき、コンピューターの安定稼動を実現化してくれます。

メリットとしてどのようなものがあるのか?

企業がaws elbを導入するのはやはりそのサービスに多くのメリットがあるからです。それではどのようなメリットがあるのでしょうか。具体的には、1つ目はコンピューター上の負荷を分散させられることです。これによって快適なネットワーク環境を構築できますし、障害が発生する確率も低くなりますし、何よりもサービスの信頼性を高めることにもつながります。

2つ目はその優れた監視機能です。aws elbのヘスルチェックを使ってコンピューター上で構築されたアプリケーションを常に監視してくれます。これを死活監視ともいいます。しかも、リアルタイムで監視していますので、コンピュターの中でそれぞれのパフォーマンスの詳細をすぐに把握することが可能です。

その上、何か問題が発生したときには早期発見して、対処することも可能になります。3つ目のメリットとしては、幅広いサービスを提供することが可能になることが挙げられるでしょう。aws elbはトラフィックが増加したり変化しても自動で対応してくれます。

そのため、たとえば、Web上で一時的にキャンペーンを開催して普段とは違う仕様に変えても容易に対応してくれるのです。

4つ目はSSL証明書を発行して、それを管理することでセキュリティがより強化されることです。具体的には、他のwebサイトによるなりすまし行為を防止することができます。また、サイトのデーターを第三者が改ざんすることも防止できます。

そうして、安心して利用できるWebサイトになります。他にも、一般的な負荷分散サービスに比べると安価に利用することができることもメリットとして挙げられるでしょう。初期費用や最低利用料金が発生しませんし、使った分だけ料金が発生するので、コストが低くなる傾向があるのです。

たとえば、elb1台で2,000円~3,000円くらいが目安になります。

awsを導入してからネットワーク機器を監視する基本的なアプローチ

aws elbの料金

aws elbの料金は従量制です。初期費用も最低料金もなくて利用した分だけを支払うという料金体系になっています。自社もしくは自分にとって必要なものだけを利用することで低コストを実現できます。反対に、必要ではないものを取り入れてしまうとどんどんコストが高くなってしまって注意が必要です。

連携の相性が良いサービス

パソコン24

aws elbにはawsが提供するサービスの中で相性の良いものがいくつかあります。それらを組み合わせることでより高機能な環境を創造することができます。たとえば、amazon cloudwatchです。このサービスを利用することでシステムをリアルタイムに監視して、問題なく稼動しているかをチェックできます。

具体的には処理されたリクエスト数を把握したり、リクエストを処理してからサーバーが応答するまでの時間がわかったり、リクエストが拒否された数やHTTP関係のエラーコードの数などもわかります。利便性を高めるすばらしいサービスです。

また、amazon route53も連携することが推奨されているサービスです。これによって独自ドメインでaws elbを使うことが可能になります。

awsの監視をする基本を理解しよう

難しい点もあります

aws elbの難しい点としては、SSL証明書を新規に設定するのに手間と時間がかかることが挙げられるでしょう。また、アクセス状況を確認するのにも手間がかかります。それというのも、Webサーバー上のアクセスログをすべて集計してからようやく状況が把握できるからです。

したがってスピーディーに判断するのにはなかなか難しいかもそれません。

注意するべき点もあります

aws elbには注意するべき点もあります。導入するにあたってはKeepAliveを設定する必要があるのです。それによって接続効率が向上します。また、リダイレクトしないようにすることも大切なことです。たいていのケースでは問題ないのですが、ヘルスチェックからリダイレクトしてしまうとサーバーが落ちたと判定されることがあります。

そのため、できるだけヘルスチェックからリダイレクトしないようにしましょう。さらに、あらかじめサブネットを大きく設定しておく必要があります。

アクセス数が増えるとオートスケールアウトする機能がありますが、その際にサブネットが小さいとオールスケールアウトができません。

aws elbの知識を深めよう

パソコン19

aws elbにはメリットだけでなく注意しないといけないこともあります。また、機能もいろいろですし、一緒に使ってより充実したコンピューター環境を作ることも可能です。そのため、知らなければいけないことも多くあるのですが、その分、導入したことで得られるものもたくさんあります。

導入する前にしっかりとaws elbの知識を頭に入れましょう。